模倣運動の大切さ。1才2才3才でたくさん動きましょう!

こんにちは!

 

模倣運動とは「動物や物を真似て体を動かす運動」です。そのものになりきってあそぶ、ごっこ遊びのようなものですね。これ、体を動かす基礎的なものがたくさんはいっているので、何気に大切なものだと思います。何よりあまり考えず、直感的にできる運動ですしね。1才半くらいから2才くらいでできるようになってきます。

 
f:id:fujikks:20170624190023j:image

勝手に筋トレ

「クマに変身!ワオーワオー!」と手を床につけて4本足で歩くだけで四肢が強くなります。本人は楽しいし、見てる方は癒されます。いいことしかありません(笑)この時、頭の方も筋トレ(?)されていて、どのように体を操ったらクマになるかを考えていて、頭と体を連動させています。また、なりきることによって想像力が強化され、マイワールドが広がっていきます。更に自己表現力が高まるでしょう。

 

もう準備は整っている!?

動物は子どもにとってキラーコンテンツです(笑)大人になってもかわいかったり、かっこよかったり、動物は魅力的に見えますよね。小さな子どもにとっても同じです。実際に見たことあるもの、テレビで見たことあるもの、本で見たことあるもの、情報はたくさんあります。そして、親や周りの人から鳴き声や動き方などの補足の情報は必ずもらいますよね。興味は自ずと出てくるでしょう。動物のみならず、植物や車等、

 

教え方は簡単

見本をするか、一緒に動物になりきってあそぶ!そこに擬態語をいれると更に世界が広がると思います。

 

種類は無限

教える人によって感性や感覚は違うので、無限の可能性があると思ってます。(可能性という獣かな?(笑))

例1.四つん這い

人によっては赤ちゃん、人によってはネコ

例2.ウサギ

人によっては手を耳に見立ててピョンピョン両足ジャンプ、人によっては四足で手と足を交互についてジャンプする

例3.木

人によっては両手を挙げたまま止まっとく、人によっては両手を頭の上で合掌、人によっては寝転がって倒木をするかも?

というように一つの事柄に何個も違うバージョンが入ってたり、増やすこともできます。

 

大人がやっても筋トレになる

例えば、赤ちゃんがする腹這いを大人がしてみるととてもしんどいです。一度一緒にやってみてください。これは筋トレになるなぁと思いますよ。赤ちゃんは来るべき日に備えて、勝手に毎日筋トレをしてるんです(笑)

 

見た目はかわいい子どもの変身ごっこ。それを体操として取り入れる模倣運動は家の中でもどこでもできます。体操の技は後回しでもいいと思います。身体がしっかりしていれば、すぐに技は覚えていきますしね。なので、小さいうちは楽しんで体をたくさん動かしましょう!

 

では、そろそろおいとまさせていただきたいと思います!

ケータイを再利用しましょう!小さい子ども編

こんにちは!

 

以前まで使っていたケータイ、スマホってどうしてますか?最近は買い取りシステムが出てきて手元には残ってないよという人もいらっしゃると思います。僕は全部残してて、目覚ましがわりにアラームとして活用したり、ゲーム機にしたり。前に使ってたエクスペリアは音楽機能がいいので、初期化をしたあとに要らないアプリをすべて削除して、ウォークマンとして生まれ変わりました!microSDが使えるので、容量たくさん使えて大満足です!そこがiPhoneとの違い、と強調してみる(笑)

 

f:id:fujikks:20170622215130j:plain

f:id:fujikks:20170622215144j:plain

さてさて、本題に移って、小さい子どものために再利用してみようということです。昨今は大人はほぼみんな持ってますし、中学生からスマホデビュー、小学生でも持っている子もいます。家の中だけでなく、町のいたるところで「もしもし~」「はいはい」と聞こえてくるので、どんな小さい子でも身近に電話は存在しています。興味を持つのはほぼ当然だと思います。

 

 

子どもの気持ち

たくさんの疑問や興味が自然と湧くと思います。

  1. 画面になにか映ってる?→なになに~?
  2. 画面が動く!?→なになに~?
  3. 音がなる!→なになに~?
  4. 声が聞こえてくる!?→なになに~?
  5. 電話に向かって話しかけてる?→なになに~?
  6. 触ったら動く!?→なになに~?
  7. 動かしたら画面変わった!→なにかできた!もっとやりたい!
  8. 大人がみんな指を動かして夢中になってる!→なになに~?
  9. 写真で自分が写った!→なになに~?

他にもたくさんあると思いますが、今パッと思い付くことをあげただけでも、こんなにあります。

 

あそびかた

1.電源が入ってないもの

何にも電源が入ってないものでもみたてあそびやごっこあそびとして遊べます。「もしもし、○○君ですか?」とか「そば屋さんですか?おそば一つお願いします」と話しかけると、何かしらの反応を返してくれます。2才半くらいから3才さんになると「ちょっと待ってくださーい」といって、用意をしてくれると思います。

2.電源が入っているもの

 スマホなら余計なものはアンインストールしてしまいましょう。一緒に写真を撮ったりしても面白いでしょう。

中には電話の呼び出し音が好きな子がいます。アラームを使って擬似的に電話かかってきたよ!のあそびをして遊んでみましょう。

 

アラーム起動→アラーム時間を設定する→アラーム音を電話の呼び出し音に設定→スヌーズを5分や10分に設定する

 

とすることで、最初の呼び出しから5分感覚くらいで何度も電話がかかってきます。「もしもしー」が好きな子は何回も遊んでくれるでしょう。

 

注意として

小さい子が「もしもし~」とか言ってる姿はかわいいものです。が、一つだけ注意が…。大体の子どもは身近な人の真似をします。つまり

 

パパ、ママ

 

コピー能力がすごいので、もし子どもが変なこと言ってたり、プンスカ怒ってたりすると、それは…。となります…。

 

 

最後に

ケータイやスマホだけに子守りをさせ過ぎて、親と子どものコミュニケーション能力が向上しないとか、他の子どもと遊ばない、体を動かさないといった弊害がよく叫ばれるようになった昨今ですが、向き合い方次第かなと思います。刃物だって、人の役に立ちますし、怪我をさせますし、使い方次第でどうとでも変わります。ならうまいこと使えるように教えたり、楽しむためのツールとして使った方がいいと思うんです。子どもの世界を大きく広げてあげたいですよね。

 

では、次は何を再利用してみようかな?

大工さんごっこ!2才過ぎからの知育おもちゃ

こんにちは!

 

知育玩具って、調べるとたくさん出てきますよね。どれを選んだらいいか迷うことは多々ありますが、普段から子どもたちが興味をもって楽しんでいるおもちゃを紹介します。

 

『リトル・ツールボックス

 

という簡単にいえばすべて木製の大工さんセットです。

 
f:id:fujikks:20170621180921j:image

 

付属品

ツールボックスの中には(木製の)でかい釘×2、トンカチ、釘抜き、ネジ×2、マイナスドライバー、スパナ、木の板がついたネジ、穴の開いたマジックテープでくっつく木の板×2、ノコギリとたくさん入っています。てか、全部いれると溢れてしまいます。

 

基本的な遊び方

ツールボックスに穴がたくさん開いていて、それぞれの穴に対応した釘やネジを差し込みます。釘はトンカチでトントン。トントンしたら釘抜きで抜きます。ネジはドライバーやスパナでくるくる回します。木の板はノコギリでマジックテープ部分をギコギコして切り落とします。木の板のついたネジは手で回すのみ?側面に対応した穴があります。親切設計として、丸ネジとマイナスドライバーの色が同じ、四角ネジとスパナの色が同じとなっていて、子どもにどれを使ったらいいか分かりやすくなっています。

 

遊び方

正直、初見では子どもは遊べない可能性が高いです。知識を持っている大人が見本を見せてあげ、楽しさを伝える必要があります。まず一番分かりやすいトンカチから始めるといいでしょう。

  1. トンカチ:釘を穴にさしてトントンします
  2. 釘抜き:釘に先端部を入れ込み、テコの原理を使って釘を抜きます。難易度は高め。理由は、子どもは先端部を入れて引き上げようとします。手に持っている部分を下に下げるという意識など毛頭にありません。
  3. ドライバー:赤いネジの頭頂部分にさして回します。難易度高め。理由は、「回す」と「さす」という二つの動作が入っているためで、どちらか一方になるケースが多い。
  4. スパナ:緑ネジの横から引っかけて回します。難易度高め。理由は、「回す」ときに横から引っかけるための高さを維持し続けなければいけないため。どちらか一方になるケースが多い。
  5. ノコギリ:木の板同士をくっつけているマジックテープを切り落とすだけ。難易度は簡単。難しいのは両手を使わなくてはいけないことくらい。
  6. 木の板がついたネジ:穴が三つある側面につける。難易度は易しい。難しいのは、側面に穴があるため、つけにくい。

 

ノコギリをつける板について

穴が開いているので、そこにネジを差し込みながら対応したネジ穴に入れ込むことが可能。それをすると、板が固定されて、ノコギリをひきやすくなります。

 

擬態語(擬音語)を使うべし!

トンカチはトントン、ノコギリはギコギコ、ネジはキュッキュッ!それだけで復唱しながら遊びます。それどころか、発展して身の回りにあるものをトンカチでトントン叩いて修復しようとしたり、ノコギリできってみようとしたりと、ごっこ遊びの世界が広がっていきます。その様子はスーパーかわいいですし、もっと世界を広げてあげたくなります。(あ、あの机潰れそうやし直してあげてー。とか)

 

みたてあそびとしてあそんでも楽しいツールボックス。お父さんがDIYしていると、身近に感じると思います。DIY等をしているときに、物はどのようにして作られるか、物が壊れた際にどのように修復するかを見せることはとても大事だと思います。物を大切にするはじめの一歩ともなるかもしれないおもちゃであってほしいです。

 

では、次に向けて書いていくとします。

おもしろくあそぶおもちゃ!1才半ころから

こんにちは!

 

日頃からみんなよくあそぶなー、と思っているおもちゃがありまして…。男女問わず夢中になって遊んでるんですよ、このおもちゃ↓↓

f:id:fujikks:20170619215806p:plain

https://goo.gl/images/4AnaDA
リダイレクトの警告

 

 

 出ている棒をトンカチでトントンたたくだけのおもちゃですが、これにハマる子はハマる。15分からずーーっと集中してあそんでるんです。木でできた棒とトンカチを使用しているため木と木がぶつかるトントン!という温かみのある音が聞けますよ。

 

遊び方

  基本的にはトントンとトンカチで棒を叩いて引っ込ませます。全部引っ込ませたらひっくり返してまたトンカチでトントン。全部できたらひっくり返してトントン、全部できたらひっくり返してトントン…、を繰り返します。個体差は多少あるので、棒と穴の大きさが微妙に違ってキツキツになるときがあり、トントンでなく、ガンガンしなければならない時もあります(笑)

 

 

 色々な叩き方(こんな叩き方しています)

子どもによって叩き方も様々で、

  1. 集中してトントンしている子
  2. 親の敵と言わんばかりにガンガンどついてる子
  3. 反対に撫でるように叩いている子
  4. トンカチ使わず、棒を抜き差しするだけの子

子どもの性格によって、様々ですよ。ただ一つ言えることは、どの子どもも楽しんであそんでいます。

 

このおもちゃによってなにが得られる?

 恐らくですが、「狙う力(思考)」や「力の使い方(運動)」がを養え、考えながら動かすことができるようになってきます。(思考と反射の融合だー!(笑))短期的な「できた!」の達成感や、繰り返すことによる安心感、落ち着いて狙う集中力、トントン(ガンガン?)することによる発散が含まれているのではと考えています。おもちゃ一つでこれほど得られるものがあるので、夢中になるのもうなずけます。

 

 木のおもちゃなので、温かみもあってgoodです。私は上から押し込むのではなく、下から指で押し上げて、ポーンっと棒を飛び出させるあそびが好きです。使い方は間違ってますがね(笑)2才、3才になっても楽しめる子は楽しめます。大人の私でもおもしろいなぁと思ってしまいますからね。ちなみに、このトントンを覚えると、トンカチをもって大工さんごっこを始める子もいます。ドアや床や机にトントンしてごっこ遊びに変身していきます。一緒にごっこ遊びをするととても楽しいですよ。

 

ではでは、次回は何の子ども向け記事を書こうかな…。

 

小さい子って、ひっくり返すと勝手に倒立する

こんにちは!

 

防衛本能だと思うんですが、人間はひっくり返ると地面に手を着こうとしますよね。あれ、1才さんも勝手に手が出るみたいです。そいつを逆手にとって、楽しんで体を動かしましょう!

 f:id:fujikks:20170617214741p:plain

 

 

みる場所を教える

地面を見せてひっくり返してみましょう。地面を見せると人はぶつかることが怖いので勝手に手が出ます。その防衛本能(?)を使わないてはありません。地面に顔を当てたくないと腕をまっすぐに支持し、力をいつも以上にだします。

 

なにができるか? 

簡単に言うと倒立(逆立ち)ができます。補助者の持ち方次第でいろいろ遊べます。

 

どうもつか?

足首と肩を持ってひっくり返すと倒立になります。そのまま止まると倒立静止。そのまま手を動かすと倒立歩行になります。

 

難易度が高い…

難易度が高いと思う方は、手押し車があります。足首を持ちながら胸に手を添えるとできます。こちらの方が易しいです。2才を過ぎるとできるようになってきます。

 

手押し車なんかは指示する力が鍛えられるのでとてもいいと思います。何よりコミュニケーションがとれますしね!

 

…、ただ補助者は中腰になったり行ったり来たり大変ですが…(笑)

 

 

ではまた後日ということで…。

 

腕の力を鍛えましょう!初めての懸垂!

 

こんにちは!

 

前項では鉄棒のぶら下がりを記述しました。そしてそれができたら懸垂へとレベルアップです。1才の終わりくらいからできはじめますが、もちろん補助付き前提で話をさせていただきます。稀に一人で上がってしまう子どもも世の中には存在しますが…。

 f:id:fujikks:20170616214410g:plain

 

懸垂とは?

鉄棒を握って腕の力だけで鉄棒の上に顔を出すことです。出したら腕を伸ばして体を下ろし、もう一度体を持ち上げます。また、顔をあげた状態で止まる、懸垂静止もあります。

 

どのように興味付けをする?

1.見本をする

やはり、一番は身近な人が見本をするのが一番分かりやすいです。できません!っていう人は足付けながらでも顔を鉄棒の上に出す方法で見本を見せてあげれます。

2.エッセンスを加える

例えば、鉄棒より上に顔を出したときに「こんにちはー!」とか「ばあー!」と言うと面白がって興味を示します。笑ったら、こっちのもの(笑)

3.例えてみる

得意そうな動物に例えてみてもいいです。ゴリラとかゴリラとかゴリラとか…。他は思い浮かびませんでした(笑)「ゴリラさんみたいに力持ちになってみよう!」とか言うと興味が湧いてくるようです。

 

懸垂静止もやってみる

懸垂がある程度わかってきたら、顔を出したままで止まり続ける静止をしてもいいでしょう。見本があると子どもにも伝わりやすいです。注意点としては、あごを鉄棒に乗せないこと。腕の力だけで止まるように頑張りましょう。3秒止まれるだけでもすごいですよ。

 

補助者の動き

背中とお尻(もしくはふともも裏)に手を添えます。そのまま子どもの懸垂を手伝いましょう。子どもが腕を曲げる感覚がわかり始めたら、すこしづつ補助を弱めます。そして背中側の手を外してみたり、最初の引き上げのみ手伝ってあげたりと完成に近づけていってください。

 

注意点

懸垂をするうえで注意点があります。頭部とあごに鉄棒をぶつける危険性があります。体を持ち上げる際に鉄棒に頭ゴーン!!体を下ろす際にあごガーン!!です。泣きます。痛いです。気を付けてください。

 

逆上がりの導入練習として懸垂はよく用いられます。腕の筋力がなければ逆上がりは難易度が高くなります。1才2才3才と小さいころのうちに慣れておくと後々スムーズに練習を行えます。また、腕が強いとひょんなことから逆上がりができることもありますし、どんな高さの鉄棒でもできるようになります。ぜひ今のうちに懸垂に慣れ親しんでおいてくださいね。

 

ではでは、次は何の記事を書こうか…。

初めての鉄棒!がんばれぶら下がり10秒!

こんにちは!

 

今回は鉄棒について書いてみたいと思います。最近は公園から鉄棒が消えていっているみたいで寂しい限りです。正しく使えばとても楽しい器具なんです。

さて、1才半ばころからできはじめるぶら下がりですが、いきなりできる子とできない子がいます。それはなぜか、考えていこうと思います。

 
f:id:fujikks:20170615193118j:image

 

 

何をするかわからない

これは見本をするしかしょうがないです。頑張って下さい。小さい子は特に「百聞は一見にしかず」です。わからなければ、初めてみた子にとって、鉄棒が公園のオブジェとして機能すること間違いなしです。

 

 鉄棒の高さ

まずは鉄棒の高さです。高すぎると怖がってしまいますし、低すぎると腹筋のない子や足のあげ方がわからない子は地面から足が離れません。

 

握るということ

 握り続けるということがわからない子もいます。そんな子は「ぎゅー」と言いながら、手を添えて一緒に握ってあげます。徐々に感覚がわかってきます。

 

いっそ、鉄棒からはなれてみる

ぶら下がるという感覚を得るために、一度鉄棒からはなれてみるのも一手です。2つの方法がありますが、

1.大人の手を握ってぶら下がる

2.固定されていない、適度な太さの木の棒(角材など)を使う。棒を握らせたまま、大人が棒を持って引き上げる。

などでぶら下がる感覚を身につけて、鉄棒に戻る方法もあります。何より子どもにとって大人がいるという安心感が違いますね。

 

鉄棒をするメリット

 肩関節が柔らかくなります。柔らかくなることにより、運動面はもちろん大きく絵を描けるようになります。大きく書く(動かす)ことにより脳が刺激されます。

 

正しく使えばとても楽しい鉄棒です。ぶら下がることは運動の第一歩だと思うので、見つけたらどんどんやってみてください。小さいうちから慣れ親しんでおくと、前回りや逆上がりなどを練習する際に取りかかりやすくなりますよ。

 

ではでは、次は懸垂でも書いてみまーす!